ストレス解消と散歩の効果

北海道は、春から夏、とても気持ちが良い季節です。
普段は歩かない人でも、気分転換、ストレス解消に、散歩はどうでしょう。

仕事がお休みでも、仕事の悩みが頭から離れないことが、ありませんか?
また、家にこもりがちな方、ストレスの高い方に、お勧めです。

歩くことの効用としては様々ありますね。
•筋肉を使うことで、特に下肢からの血液の戻りが増進される
•有酸素代謝系が活性化される
•自律神経にも働いて副交感神経の働きが高まり、リラックスする
•脳内で幸せ物質として知られる『セロトニン』やる気物質として知られる『ドーパミン』などのホルモンが増産される。

脳の働きなどから考えると、現在の社会生活では血液循環の中心は頭になりがちです。
デスクワーク・PC・人間関係などの頭脳労働が多く、ストレスは避けたいが、仕方がないことがあります。 だからこそ血液循環を『下』に向けることがとても大切。

歩くことで、血液の消費地を『頭』→『身体』へ変換しようという訳です。 こうすることで普段頭に蓄積されがちな『老廃物』も下がってきます。

ストレスや考え事があると、お休みでも頭から離れずに常に悶々とさせられることありませんか? 『頭』への血液が過剰のままで、寝たり座ったりしたまま考えや感情を抱え込んでいると、思考が『頭』だけでグルグル巡り、暴走してさらに不安やイライラ、ストレス度がが増大していきます。

ですから、楽しみながらブラブラする感じがいいのではないでしょうか。
私も疲れた時、頭や眼も休ませて、空気を感じたり花や木をみたり、ワンちゃんのお散歩している人と、お話ししたりしています。

また、歩きながら考えていると、考えがまとまってくることもあります。ネガティブな感情が一人歩きして増大しなくなります。
『まあ、いっか』と思って、現実的な、何か食べるかなあなどと気持ちが変わります。
何か考えているときや悩んでいる時、気分転換、ストレス解消に、歩いてみてはいかがでしょう。