自律神経ミニ知識

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことです。

手足を動かす、ということは意志によってできます。でも、胃を動かしましょうとか腸を動かそうと思ってもできません。 この“意識してもできないこと”はすべて自律神経の働きです。
内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を回収する、などです。


自律神経は、二つあります。 ・・・「交感神経」と「副交感神経」

「自律神経」のバランスが悪く、乱れていることが原因となって、さまざまな不調があらわれています。 疲れがとれない、眠れない、肩がこる、から大きな病気まで、自律神経の乱れが原因のことがあります。

•交感神経 (活動モード)・・主に昼間、優位に働く。活動している時。
•副交感神経(休息モード)・・主に夜間、優位に働く。眠っている時。

という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。


交感神経とは?
交感神経が優位にはたらくのはおもに昼間。
活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらきます。
仕事・家事・育児・運動・勉強などをしている時、闘いのモードです。 心拍数は増えて、筋肉がかたくなって、血管は細く収縮します。
活動モードになっているので、すぐに反応できる体勢になっています。 仕事の指示をうけて臨機応変に動ける。家事をパッパッとこなせる。スポーツで相手の動きに瞬時に反応できるのも、交感神経がはたらいているおかげです。

副交感神経とは?
副交感神経が優位にはたらくのはおもに夜。
眠っている時がはたらきがピーク。食事中、お風呂、ゆったり気分でリラックスしている時にはたらきます。
マッサージで、トロ~ンと気持ちよくなるのもいいですね。
心拍数は落ち着いて、筋肉もゆるんで、血管も広がります。胃や腸などの消化器系の動きがさかんになって、栄養の吸収や老廃物の排出が促進されます。
血流が良くなり、新陳代謝もすすみ、疲労がとれ、自然治癒力が働き元気な体に戻ります。