腰痛


腰痛
急性腰痛症(ギックリ腰) 脊柱管狭窄症 腰痛へルニア などがありますが、腰の痛みは、原因がはっきりしなことが多いです。

病院のレントゲンで、骨自体は正常でも、痛みはあります。
骨には異常はないので、「辛いなら、痛みどめ、湿布等で様子を見る」ことになります。また、リハビリ、電気、ホットパックや腰痛体操なども指導されることもあります。

そこで症状が改善されずに、整骨院や整体、針灸院などに行ってみようと思われる方がほとんどです。

筋肉が緊張して、血管が細くなると、酸素がいきわたらなくなり痛みの物資が出ると言われています。お風呂で温めると楽になりますね。

そして長年の姿勢や体の使い方によって腰に負担をかけていることもあります。
また、ストレスも腰痛の原因と言われています。ストレスやいやなことでも交感神経が働いて、血管が緊張してしまいます。

旭川揺らぎ整体こころでは、全体をみながら、筋肉の緊張をほぐしたり、気持ちのいい揺らしでストレスをとるなど、痛み、だるさなどの症状を改善し、体操なども覚えてもらい、腰痛になりにくい体つくりをサポートします。

腰痛の時 温タオルで楽に

腰痛、生理痛、首の痛み、頭痛など、慢性の痛みに、とても快適に、便利に使っています。

タオルを濡らして温めて、蒸タオルにして使っています。レンジでも大丈夫です。
痛みの強いところにあてて、(タオルを一枚置いてもいいですね)冷めたら、また暖めるを繰り返します。温かかったり、冷たかったりが、血流を良くして効果があるようです。

また、同じ理由で、湿布も、24時間貼り付けていないで、最低でも、4~5時間でとりかえて、時間を置いて、貼ります。長く貼っておくと、かゆみなども出ますね。


四つん這いの効用

赤ちゃんのハイハイは、結構なスピードですね。
ちょっと見えないと思ったら、外に出ようとしているなんていうことがあります。そして、二本足で歩く瞬間がやってきて、世界が変わる感じになります。

このハイハイは、背骨の成長に大変な効果があります。
人間の長い背骨を支えるため、体幹の筋肉をしっかりと鍛えることが出来るのです。 腹筋・背筋・肩甲骨や骨盤周りの筋肉を鍛え、まさに背骨を強くしていく運動です。

何故、人間が二本足で立つようになったのか。木の上の生活から、地上に降り、敵や食べ物を探して、立つのが都合よくなってきたとか。生命を維持していくためでしょうか。

この、体幹を鍛える、ハイハイの動き、ジムに行かなくても、すぐ出来ることがあります。

動物になった気持ちで、四つん這いで動くのは、面白く、体もほぐれます。肩の力を抜いて、猫かなんかになったつもりで動いてみてはどうでしょう。

また、実用的なものがあります。それは、そう、ぞうきんがけです。

昔は、家も学校もぞうきんがけをしました。今は、モップという、便利なものができましたが、雑巾がけをした床、フローリングでも畳でも、足がすっとする感じで、とても気持ちがいいですね。

可能であれば、体や心の両面から、 大人にもこのハイハイ、四つん這いのぞうきんがけをお勧めします。

今は子供にも肩こりや腰痛が有るくらいです。
腰痛や肩こりにも最適の運動です。
6畳位の部屋の中を四つん這いになってグルグル歩き回ると、腰痛予防にもなります。

日本人のこの、習慣は、とてもいいものだったのですね。

動物になったり、ぞうきん掛けだったり、四つん這いだったり、自分に合う動きを色々やってみては、どうでしょう。